読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

埼玉県の低投票率 地域への愛着の低さが要因か

要約

 投票率の低迷が続いている埼玉県の選挙管理委員会有権者の意識調査をしたところ、地域への「愛着を感じていない」と答えた人のおよそ60%が、投票に行っていない実態が明らかになった。埼玉県では去年の知事選挙で、投票率が26.63%と歴代ワースト3位となるなど、投票率の向上が課題となっている。

疑問

 どうして自分の住む地域に愛着を持てないのか。

考え・主張

 日本は他国と比べて選挙の投票率が低い。その中でも26.63%という投票率はあまりにも低すぎる。多くの住民が政治に無関心なのだ。それでは選挙をしても住民の意見を反映させるのは難しくなってしまう。たかが一票と考えず、多くの人に投票してほしい。

その他

 特になし。