読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国、2021年の火星着陸を計画

記事リンク

 中国、2021年の火星着陸を計画 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 

要約

 中国国家宇宙局の許達哲局長は22日の記者会見で、2020年前後の火星探査機打ち上げを柱とする宇宙開発計画を明らかにした。21年の火星着陸を想定している。計画によると20~22年の間に、独自の有人宇宙ステーションの稼働や、月面裏側の探査プロジェクト、独自の衛星測位システムの全世界カバーを実現したいとしている。

 

疑問

 あと5年程度で実現できる計画なのだろうか。

 

考え・主張

 宇宙開発を進めることで中国は国力を示すことができ、経済が減速する中でも巨大な後進国としての地位を維持できる。アメリカのアポロ計画がソ連との開発競争の中達成されたように、中国も他の途上国を引き離すために開発を進めていくだろう。

 

その他

 特になし